PC

義歯・入れ歯

部分入れ歯について(パーシャルデンチャー)

部分入れ歯(パーシャルデンチャー)とは、人工歯のついた床をのせ、残っている歯に「バネ(クラスプ)」をかけて固定させるものです。バネをかける歯のことを「鉤歯」といいます。

ブリッジ治療の場合、失った歯の両隣の歯を削って(支台歯)橋渡しのように被せるのに対し、部分入れ歯は削るとしても鉤歯を少し削るだけですむことや、取り外しできることがメリットです。
ただし、ブリッジに比べ安定性が劣る、バネなどによる違和感があるなどのデメリットはあります。
これらのことから、連続した欠損歯が多数ある場合などブリッジでは対応できないケースや、歯を削りたくないケースに部分入れ歯となることが多いです。

自費(保険適用除外)

ノンクラスプデンチャー メタルストレートタイプ

基礎の部分が薄くて丈夫なプレートタイプで作られているので、装着時の違和感が軽減されます。また、金属は熱を伝えやすい材質なので、温度(暑い・冷たい)と感じやすいです。

ノンクラスプデンチャー メタルバータイプ

メタルバーの部分だけ保険のバーに近い価格までコストを抑えたエコタイプのデンチャーです。保険デンチャーのクラスプが気になる方には最適です。

ノンクラスプデンチャー フレキシブルタイプ

金属のバネ(クラスプ)を使わないタイプの部分義歯です。素材はポリエステル樹脂(ES)とナイロン系の樹脂(VP)から選べます。専用の入れ歯洗浄剤が必要です。

ミリングデンチャータイプ

舌に違和感がないように精密にミリング加工をしたクラウン(冠)にメタルのフレームをフィットさせて、維持させるタイプの精密加工義歯です。舌に触れるところはメタルプレートタイプで作られているので、熱伝導(味覚)がとても良いです。

コーヌスデンチャータイプ

茶筒の原理(摩擦抵抗)を応用した部分義歯です。残っているはに金属のキャプを(内冠)を作り、その上に歯の形をしたキャップ(外冠)を被せて、部分義歯と一体化させて仕上げます。
金属のバネが不要となるので、見た目にも自然でかつ美しく仕上がります。

アタッチメントデンチャー

部分義歯の固定源を差し歯の接続部分に、凸部・凹部の装置でそれぞれを繋ぎ固定する構造になっています。金属のバネが不要となるので、見た目も自然でかつ美しく仕上がります。欠損歯数の少ない症例におすすめです。

磁性アタッチメントタイプ

磁力の力を応用したオーバーデンチャーです。残っている歯の根に磁力に応じる金属を取り付けて、入れ歯に磁石を取り付けることで、磁気的な吸引力が発生し、安定した入れ歯になります。取り外しも簡単で、金属のバネが付いている入れ歯よりも自然に仕上がります。

保険適用

クラスプ・バー付き アクリルデンチャー

金属製の「バネ」が付いたタイプの部分義歯です。歯茎部分にこの金属製のバネで固定します。アクリルと熱可塑性樹脂の2種類の材料から選べます。

総入れ歯について(フルデンチャー)

総入れ歯(フルデンチャー)とは、上下どちらかの顎で、全ての歯を失ってしまっている場合に使われる入れ歯です。総入れ歯では床(しょう)と呼ばれるピンク色の土台(合成樹脂など)の上に人工歯が並んでおり、噛み合わせだけでなく審美を回復させる目的でも使われます。

自費(保険適用除外)

ゴールドプレートデンチャー

ゴールドやプラチナは精密な加工を行いやすい貴金属なので、適合性も良く身体に優しいだけでなく腐食による変色も起こしません。
また、熱伝導率が一番高い金属なので、熱さや冷たさあが感じられ、金属味もしません。安心・安全な材料です。

チタンプレートデンチャー

コバルトのメタルプレート機能にプラスして、チタン特有の生体にやさしく、コバルトよりも比重が軽く、薄くて丈夫な材質です。生体にやさしいので、人工歯根(インプラント)にも使用されていることから、安心・安全です。
その他、ご相談に応じて、ゴールドやコバルト、ソフトデンチャーも製作いただけます。

コバルトプレートデンチャー

中央部分をコバルトのメタルプレートにすることで、アクリルの1/3の厚さまで薄くすることができるので、しゃべりやすかったり、違和感が少なかったりします。
アクリル床(保険適用の義歯)に比べて薄くて丈夫です。コバルトの材質はロングセラーであることから安心です。

自費(保険適用除外)ソフトデンチャー

軟性裏装着義歯 レジンタイプ

顎の骨が痩せたり、骨の形状が鋭角になると、使用している義歯が床ズレして、痛みがでることがあります。とくに総入れ歯ではこのような症状が出やすいです。このような症状がある方には歯茎に接する部分の材質をソフトタイプにすることをお勧めします。
弾力性のある軟性樹脂を使用しているため、歯茎に加わる負担を減らし痛みを軽減します。
※メタルプレートで補強するタイプをお勧めします。

新しい義歯を作る時と使用過程の途中で歯茎部分を軟性レジンに裏打ちする方法の2種類があります。
※経時的に硬化が進み張り替えが必要となります。

軟性裏装着義歯 シリコンタイプ

コンフォートは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。生体シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯茎にかかる負担をやわらげ、シリコーン特有の吸着力を発揮します。
「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、歯茎にやさしい材料を使用しています。
※今お使いの入れ歯にも加工できます。ただし、入れ歯の材質によっては加工できないものもあります。

コンフォートの3大メリット
歯茎を守る
歯茎をやさしく保護

コンフォートは歯茎の座布団。硬い入れ歯と歯茎の間でクッションの役割を果たし、デリケートな歯茎をやさしく保護します。

痛みを和らげる
クッション素材で痛みを軽減

コンフォートは入れ歯の歯茎にあたる面を生体用シリコーン材で覆うため、歯茎にかかる圧力を軽減し、噛んだときの痛みをやわらげます。

外れにくい
抜群の吸着力

生体用シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生み出し、噛むときに発生する顎の横の動きにも抜群の吸着力を実現します。

保険適用

アクリルレジンタイプ

中央部分をコバルトのメタルプレートにするこ保険適用の総入れ歯はプラスチックで制作するため、強度を持たせるために厚みがあり違和感を覚える場合がありますが、修理しやすいメリットもあります。

ホーム院長・スタッフ
院内のご案内医療設備について
診療案内診療の流れ
交通・地図新着情報
メディア情報オンライン初診予約

TOP

ホーム院長・スタッフ
院内のご案内医療設備について
診療案内診療の流れ
交通・地図採用情報
新着情報メディア情報
オンライン初診予約お問い合わせ

CLOSE