PC

知覚過敏

知覚過敏

「知覚過敏」についてご存知ですか?

「知覚過敏」という言葉をお聞きになられたことがあるでしょうか?むし歯でもないのに歯がしみて痛い、という症状の多くは知覚過敏と考えられます。

冷たいビールやアイス、かき氷、あるいは酸味の強いものなどを食べるとしみる、また歯ブラシの毛先がふれると痛むという方、いらっしゃるのではないでしょうか。

知覚過敏は、正式には象牙質知覚過敏と呼ばれます。歯は、頭の部分はエナメル質という非常に硬い素材に覆われ、次に象牙質、そして神経(歯髄)が通っています。ところが根(歯根)の表面にはエナメル質がないため、歯根が歯ぐき(歯肉)から露出すると象牙質には無数の小さな穴があいており、これ(象牙細管)が刺激の伝達に関わっています。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因はさまざまです。
歯根の表面が露出していても知覚過敏が必ず起こるわけではありません。象牙細管の穴がふさがって刺激が伝わりにくくなればしみないのです。ところが次のような場合は、知覚過敏を起こしやすくなる可能性があります。

  • 露出した歯根がプラークで汚れている。
  • 露出した歯根を歯ブラシで強く磨く、あるいは歯磨き粉の研磨剤で傷つける。
  • 歯ぎしりや食いしばりで過剰な力がかかり、歯根の表面が割れる、はがれる。

しみなくするためには?

知覚過敏の治療は原因を出来るだけなくして、刺激を伝えにくくすることです。軽症から重症まで段階を追って治療が行われます。自己流の歯磨きや歯磨き剤選びが間違っている危険性があります。ぜひ歯科医院でアドバイスを受けることお勧めします。なお、歯ぎしりやくいしばりがある方は、それが知覚過敏と関連しているかを歯科医院でみてもらうと良いでしょう。必要に応じて歯ぎしり防止のナイトガードなどを使用します。

知覚過敏の対処法

軽度の場合

丁寧な歯磨き…露出した歯根の表面についたプラークを丁寧に落とします。この時、決して力を入れてゴシゴシしないことです。歯根は歯の頭に比べて柔らかいので、力を入れて磨くとかえって歯根を削ってしまう結果となります。やさしく、小さな動きで丁寧に磨いてください。歯根を削る危険を避けるため歯磨き剤は研磨剤無配合の物をお選びください。

(歯磨き剤をお使いにならなくても結構です)知覚過敏防止歯磨き剤を使う歯根の表面に開いた象牙細管の穴をふさいで、刺激が伝わりにくくなる成分が含まれている歯磨き剤を使いながら、歯ブラシでそっと磨くようにすると、1~2週間で症状が改善することがあります。なお、効果はゆっくりとですが、フッ素を利用して歯根の石灰化を促進して症状の軽減を期待することもあります。

中度の場合

歯根の表面をコーティング…露出した歯根の表面に、一層の幕を張って刺激を伝えにくくします。これは長期間の耐久性はありませんが、丁寧に歯磨きしているうちに、象牙細管の穴がふさがってしみなくなることが期待できます。また、見た目を気にしない場所の知覚過敏化にはサホライドという塗り薬を使うことで、症状を和らげることができます。(注:塗った場所は黒くなります)

やや重度の場合

歯根のくびれを埋める…歯根のくびれが大きい場合は、セメントやレジンという材料で埋めて、刺激を遮断する治療を行います。

重度の場合

歯の神経を取ってしみなくする…症状が全く改善しない場合、最後の手段としては神経を取って、しみなくします。

放っておくと症状がひどくなる場合がありますので、気がついたらぜひ一度歯科医院でご相談下さい。
しみるというのは、歯が教えてくれるサインです。これを見逃さずお気軽にご相談下さい。

歯肉が下がる原因

歯周病

細菌が原因で炎症をおこし歯肉が減る。

01

噛み合わせ

その歯に力が強くかかることで…。

02

間違ったブラッシング

歯と歯肉の境目を力を入れてゴシゴシ磨くと歯肉、歯とも削られてしまいます。

03

老化現象

自然に退縮してくる。

04

歯肉が下がると…

  • 隠れていた歯の根が露出する。
  • 根はエナメル質のバリアがないのでしみる。

原因を解決するには

  • 歯周病に対する治療が必要?
  • 噛み合わせ治療が必要?
  • ブラッシングの方法を見直す事が必要?

全体的な問題として捉えねばなりません。詳しく調べる診査・診断が必要です。

ホーム院長・スタッフ
院内のご案内医療設備について
診療案内診療の流れ
交通・地図新着情報
メディア情報オンライン初診予約

TOP

ホーム院長・スタッフ
院内のご案内医療設備について
診療案内診療の流れ
交通・地図採用情報
新着情報メディア情報
オンライン初診予約お問い合わせ

CLOSE