PC

メタルフリー治療 -歯科金属を使用しない身体にやさしい治療-

歯科用金属が原因の「金属アレルギー」

歯科で使用される金属
(詰め物・被せ物・土台)が原因で
金属アレルギーの症状が出る場合があります

頑固な湿疹、かぶれ、吹き出物や不眠は金属アレルギーが原因で起こる場合があります。ピアス、ネックレス、指輪等はつけているその場所にアレルギー反応が出ますが、口の中の金属は唾液で金属イオンが溶出し、全身にまわるため、身体のどこにアレルギー反応が出るかわかりません。

金属の詰め物や被せ物を除去すると、数ヶ月後にはウソのように治ってしまう場合があります。

金属を除去して肌がスベスベになった人、よく眠れるようになった人がたくさんいます。金属アレルギーは本人が自覚していないことがよくあります。心当りがおありの方は、一度テストを受けてみてはいかがでしょうか。必要のある方には皮膚科を受診して頂き、その結果に基づいた治療(メタルフリー治療=歯科用金属を一切使用しない身体に優しい治療)を進めていきます。

水銀アマルガム

アマルガムとは、長年歯科治療で用いられてきた化合物であり、銀・スズ・銅などの金属を水銀に加えて作られるもので、全体の約40~50%が水銀を含有しています。

アマルガムの組成は、銀35%・スズ9%・銅6%・少量の亜鉛、そしてあとは水銀です。

アマルガムは、世界的に歯科用修復(むし歯部分を削って詰める治療)材料として長い間使用されてきたものです。

金銀パラジウム合金

パラジウムは歯科における保険治療では、詰め物・被せ物に使用する金属の主役です。しかし、「リンパ球幼若化テス」という金属アレルギー検査では、約半数の人に陽性反応が出るものです。

ドイツでは、保健省が歯科業界に対して、「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行なったという事実がありますが、日本では広く使用され続けています。

銀合金

銀合金は、保険治療で使用する金属として使用されています。 しかし、銀のアクセサリーが、時間が経過するとすぐに色が黒ずんでくるように、当然、歯科用の銀合金の金属でも起こります。

口の中は、高温多湿です。そのため、酸化して錆びやすく、すぐに黒色になる銀を、口の中という過酷な環境で使用すると、溶出し、歯ぐきを黒く変色させたりすることもあります。

歯科用金属が原因の「ガルバニー電流」

歯科で使用される金属
(詰め物・被せ物・土台)が原因で
口腔内に電流が発生します

ガルバニー電流とは、金属歯科材料が口腔内にある場合、唾液を介して接触した時に流れる電流のことです。人の体には微弱な電流が流れており、脳はこの微弱な電流によって全身をコントロールしています。

ガルバニー電流が発生すると、脳からの指令が混乱してしまいます。その結果、「体の痛み」「疲れ」「不眠」「イライラ」といった、様々な神経症状を引き起こしますが、ほとんどの方はガルバニー電流が原因と気付かないまま、自立神経失調症や更年期障害と診断され、不快な症状が続くことになります。

歯科用金属が原因の「掌蹠膿疱症」について

歯科用金属が原因で
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
となる場合があります

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、口腔内に使用する材料(補綴物)が抗原となり、口腔内あるいは遠隔臓器(おもに皮膚)に症状が発現する疾患です。皮膚には異汗性湿疹や掌蹠膿疱症、口腔内には口内炎、扁平苔癬、舌炎などが現れる事が多いです。掌蹠(手のひら、足の裏)に無菌性の小膿疱が出現して、緩解増悪を繰り返す疾患です。胸鎖関節痛などを併発します。原因の除去により掌蹠の症状が改善することが多いです。

「金属アレルギーテスト」について

金属アレルギーテストで、
金属アレルギーかどうかが簡単にわかります

皮膚科にてパッチテストを受けて頂き、金属アレルギーと診断された場合は、口の中の金属を取り除き、セラミック、ジルコニア、コンポジットレジンなどの非金属による治療を行います。

試薬名検査金属
1塩化アルミニウム2%アルミニウム
2塩化コバルト2%コバルト
3塩化第二スズ1%スズ
4塩化第二鉄2%
5塩化白金酸0.5%白金(プラチナ)
6塩化パラジウム1%パラジウム
7塩化マンガン2%マンガン
8三酸化インジウム1%インジウム
9四塩化イリジウム1%イリジウム
10臭化銀2%
11重クロム酸カリウム0.5%六価クロム
12硫酸クロム2%三価クロム
13硫化ニッケル5%ニッケル
14塩化亜鉛2%亜鉛
15塩化金酸0.2%
16硫酸銅1%
17塩化第二水銀0.05%水銀

歯科用金属を一切使用しない「メタルフリー治療」

歯科用金属を一切使用せず、
身体に優しい、アレルギーフリーな治療

美しさと健康志向をより高めるために、高品質な材料を使用し、優れた技術によって作られたものを使用して行う治療です。メタル(金属)を一切使用しないので、健康的な白さの審美性で、金属アレルギーの心配もありません。金属で修復する治療は見た目も悪く、一目で歯の治療をしていることが他人に分かってしまいます。

しかし、セラミックなどによるメタルフリー治療では、見た目もよく、 治療しているかどうか分からないくらい自然な色調にすることも可能です。メタルフリー治療は金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を受けることができます。

  • 施術前
  • 施術後
  • 施術前
  • 施術後
ホーム院長・スタッフ
院内のご案内医療設備について
診療案内診療の流れ
交通・地図新着情報
メディア情報オンライン初診予約

TOP

ホーム院長・スタッフ
院内のご案内医療設備について
診療案内診療の流れ
交通・地図採用情報
新着情報メディア情報
オンライン初診予約お問い合わせ

CLOSE