PC

歯ぎしり・くいしばり

歯ぎしり・くいしばり

歯ぎしり・くいしばりは
想像以上に悪影響があります

歯ぎしり・くいしばりによる症状

  • 歯の咬耗
  • 平らな咬合面(咬むところが平らになっている)
  • ウィンクル(金属の線状の傷)
  • 骨隆起(骨の隆起)
  • ディンプル(咬むところのゴルフボールのような溝)

歯ぎしり・くいしばりは「ブラキシズム(口腔内悪習慣)」と呼ばれています。ブラキシズムによって、歯が削れて、減ってしまったり、破折を起こしてしまったり、まわりの骨を溶かしたり、歯の根を露出させてしまったりします。また、歯周病を悪化させるリスク因子でもあります。

さらに、歯ぎしりにより顎の位置が下がると顎関節症や無呼吸症候群の原因にもなります。「一晩の歯ぎしりは、一生分のそしゃくに匹敵する」くらい、歯やあごにダメージを与えることもあるとも言われており、危険なものなのです。

歯が異常に擦り減る、歯が破折する、歯がしみる、かむと痛い、など感じているなら要注意です。

ナイトガードについて

「ナイトガード」ってご存知ですか?

歯ぎしりや無意識のくいしばり(クレンチング)等を解消するために、就寝時にお口の中に入れておくプラスチック製の器具です。保険が適用されます。(5,000円位です)

※見本がありますのでお声をかけて下さい。

ナイトガード作製手順

口の中の型を採ります。(基本的には上顎のみ。状態により必要な場合は上下両顎)

01

1週間前後で出来上がり、口の中で微調整します。

02

使用中の不都合を調整します。

03

※歯は削りません。又、痛みもありません。

使用方法及び注意点

・原則として就寝時にお口に入れますが、差し支えなければ起きてる間に入れても構いません
・口の中に入るので違和感があったり、発音がしにくくなる場合があります。
・プラスチックなので破折することもあります
・使用されない時はお水につけておいて下さい
・汚れが気になる時は、普段お使いの歯ブラシで優しく清掃してください<。>

当院で
ナイトガードにより改善された症状例

  • ・歯ぎしり
  • ・頭痛
  • ・顎関節痛
  • ・喫煙
  • ・いびき
  • ・肩こり
  • ・開口障害
  • ・不安定な精神状態
  • ・歯の摩耗
  • ・腰痛
ホーム院長・スタッフ
院内のご案内医療設備について
診療案内診療の流れ
交通・地図新着情報
メディア情報オンライン初診予約

TOP

ホーム院長・スタッフ
院内のご案内医療設備について
診療案内診療の流れ
交通・地図採用情報
新着情報メディア情報
オンライン初診予約お問い合わせ

CLOSE