札幌市 白石区で 予防歯科 歯周病認定医の 「なかむら歯科」歯周病治療/セラミック/ホワイトニング/インプラント/破折歯

札幌市白石区本郷通13丁目南1-13 アピカル南郷1F 『東西線南郷13丁目駅「1番出口」すぐ P5台(うち軽専用2台)』
午前9:30~13:30 午後14:30~20:00 ※矯正がある日は20:00まで診療(火水木は19:00まで / 土は9:30~14:00 / 日祝休診)

011-868-9889 「ホームページを見た」とお伝えください!

予防歯科 -歯周病は全身の病と関係があります-

歯周病は“家族に感染するリスク”があります

歯周病は細菌が原因となる感染症です。そして、歯周病の原因となる歯周病菌(悪玉細菌)は人から人へ感染することがあります。

自分が歯周病の場合、「家族や恋人にうつるのではないか」と不安になるかもしれません。日本人の成人の80%は歯周病と言われているからです。

小さな赤ちゃんがいるお母さんは、特に心配かと思います。周囲への感染を抑制するために適切な歯周病治療を行い、お口の中の歯周病菌を減らすことが大切です。

生まれたときには、お口の中には歯周病菌は存在しません。生まれたときにいない歯周病菌が、お口の中に存在する理由は「感染」したからにほかなりません。歯周病菌は、食器の使い回しやキスなどにより感染します。
歯周病の原因となる細菌はたくさんありますから、お子さんが持っていなかった細菌が、歯周病の家族からうつるということはありますが、だからと言ってすぐに発症することはありません。歯周病の原因菌にはたくさんの種類があり、年齢を重ねるごとに口の中に存在する細菌の種類は増えるとされています。これは、キスを含め、さまざまな接触があり、細菌への感染を重ねるためです。

そのため、年齢が高くなるほど歯周病の発症リスクは高くなると言えますが、きちんとプラークコントロールを行っていれば、発症リスクも抑えられます。また、感染を予防するために、親子のコミュニケーションに神経質になりすぎることは避けたいものです。できれば家族全員、正しい感染の知識を持ち、接触を避けるのではなく、自分自身の口腔を清潔に保つということが、子供のお口の安全につながることを理解したうえで、口腔ケアに取り組んでもらうことが望ましいことであると考えます。

近年、小さな子供にも歯肉炎が増えてきています。通常、子供は大人に比べて歯周病になりにくいですが、だからといって子供がかからない病気ではありません。小さな子供のうちから定期検診を受け、正しい口腔ケアを身に付けることが大切でしょう。

医療法人 永遠会 なかむら歯科

〒003-0024 札幌市白石区本郷通13丁目南1-13 アピカル南郷1F
東西線南郷13丁目駅「1番出口」すぐ P5台(うち軽専用2台)

ご予約・お問い合わせ番号はこちらから 011-868-9889 「ホームページを見た」とお伝えください!

診療時間
午前9:30~13:30/
午後14:30~19:00///
午後14:30~20:00/////

午前9:30~13:30 午後14:30~20:00 ※矯正がある日は20:00まで診療
(火水木は19:00まで / ▲土は9:30~14:00 / 日祝休診)

歯周病治療/セラミック/ホワイトニング/インプラント/破折歯

Copyright (C) 2016 NAKAMURA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ